2017-09-20 DSP

アプローチしたい職種の担当者
にダイレクトにアプローチ!?
今話題の【職業ターゲティング】とは?

アプローチしたい職種の担当者にダイレクトにアプローチ!?今話題の【職業ターゲティング】とは?

前回はIPアドレスを活用して企業や学校、役所などの条件を指定してセグメント配信をするオフィスターゲティングをご紹介しましたが、従来の「人」に向けた広告配信においてもBtoBの分野で有効なプラットフォームが出てきました。
今回は広告主様がアプローチしたい職種や雇用形態などで条件指定をした広告配信が可能な「Sphere(スフィア)」というメニューについてご紹介したいと思います。

Sphere(スフィア)とは?

Sphereとは、様々なメディアに横断して広告配信ができる、数あるサービスの中の1つで、既存の広告メニューのように年齢や性別、趣味嗜好に基づいた配信はもちろんのこと、営業や事務、技術職など『職種』を条件とした配信や、経営者や個人事業主、アルバイトといった『雇用形態』を条件とした配信が可能です。

こちらはリリース元であるマーベリック社が提携する総合人材サービス会社が保有するデータベースやオリジナルデータを活用することで配信可能になります。

※イメージ図 Sphere1.jpg ※マーベリック社「Sphere」媒体資料より抜粋

Sphere(スフィア)を取り入れるメリット

もちろん、取り扱っている商材やサービスによって、アプローチしたい職種や雇用形態などは異なってくると思いますが、従来は興味関心や年齢などでしかセグメントができなかったのが、Sphereのように総合人材サービスのデータを活用する広告メニューにより、様々な広告主様のニーズに合わせて、まさに狙いたい職種や雇用形態などへのアプローチが可能になります。

そのためこの手法は、自社の新しい商材を特定の職種に認知させていきたい企業様や、これまでアプローチしてこなかった職業の人々に新たに認知させていきたい企業様などに多数取り入れていただいています。

広告配信セグメント例

一例ですが、Sphereでは以下のような項目から条件を指定して広告を配信することが可能です。職種をさらに見ていただくと、例えば営業のカテゴリでは、個人向けなのか、法人向けなのか、内勤なのかルート営業かなど、詳細に条件付けをして広告配信を行うことが可能です。


Sphere2.jpg ※マーベリック社「Sphere」媒体資料より抜粋

例えば、BtoBの広告主様で都内のオフィス向け物件を取り扱う企業様であれば、上記人材データから事務系の「総務・経理」「人事・労務」、雇用形態では「正社員」「経営者」や「個人事業主」を指定し、かつ配信エリアを東京都に絞るなどして広告配信することが可能です。
また、BtoCの広告主様の場合、例えば女性向けの栄養ドリンクを取り扱う企業様であれば、「女性」かつ人材データから「営業」「看護師」「エンジニア」などを掛け合わせて広告配信することも可能です。

導入事例

それではSphereを活用することで実際にどのような反響があったのでしょうか。以下に事例をご紹介いたします。

BtoB事例
【 訴求商材:事務支援サービス 】

機密文書の回収・保管・廃棄サービスのプロモーションでSphereを活用。開始当初は対象業務に関わる、不動産関連職や金融関連職、税理士や公認会計士をターゲットとして広告配信を行いました。
目標KPIをCPA150,000円に設定し、進捗に合わせて対象とする職種を精査し、パフォーマンスの高い職種を残したり、入札の調整をしたりなどすることでCVが発生し、さらにCVユーザーを起点とした拡張配信を行ったことにより、CPAが110,000円台まで改善しました。

Sphere3.jpg ※マーベリック社「Sphere」配信実績事例より抜粋

このように職業を条件とした配信をすることにより、より広告主様がアプローチしたいターゲットに効率的に訴求ができるようになりました。


BtoC事例
【 訴求商材:プログラミングスクールの無料体験キャンペーン 】

こちらのスクールでは初級~上級までクラスが多数用意されていたため、初期設定として、プログラミングが必要な顕在層であるエンジニアには上級者向けのクラスを、プログラミングを必要としないような潜在層である営業職や企画職、事務職には初級者向けのクラスを訴求する、というターゲット設定で広告配信を行いました。
配信初期から低いCPMかつ高いCTRで推移し、CVも発生しました。その結果、新規ターゲットへのアプローチとリマーケティングでの確実な刈り取りにより、目標CPAの83%での着地に成功しました。

Sphere4.jpg ※マーベリック社「Sphere」配信実績事例より抜粋

このように、職種によるアプローチがターゲットのニーズにマッチし、高いパフォーマンスを生みだすことにつながりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
特定の職種や雇用体系などにアプローチがしたい企業様や今までとは違った切り口でのターゲティングをお探しの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽に弊社までご連絡下さい。

ご不明な点、さらに詳しく聞きたいなど要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メディアニュースに関するお問合わせ

入力例:0312345678

入力例:foo@example.com

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須