IT Communications

代表メッセージ

代表メッセージ

企業の広告基盤にインターネットが導入されてから10年以上が経ちました。
現在、インターネット広告技術は飛躍的な進歩を遂げ、企業広告戦略のパラダイムシフトをひき起こすまでの力を持っています。

従来型の広告は「集団」〔mass〕に対し一度に大量の情報を流すことを目的としていました。
ですので、考え方の根底には常に「集団」が意識され、選別された「集団」に対していかに効率的に情報を届けるかが注力されます。

しかしながら、インターネット広告はこの概念を覆そうとしています。
魚群探知機のように条件にかなう「集団」を見付け出そうとするのではなく、最初から「個」〔individual〕に目を向け、条件にかなう行動をする「個」に対して的確な情報を伝達する。しかも瞬時にして多数の「個」に対して。

インターネットの世界が持つ双方向性とIT技術の発展がそれを可能にしています。
今後こうした「個」に対した情報伝達の活用は加速度的に波及していくでしょう。

新しいアプローチでの広告手法が登場した今、従来型の宣伝手法との融和をはかることと同時に、広告メディアへの出稿にとどまらない様々なレスポンス施策が重要です。

企業のコミュニケーション活動には、より緻密で複雑なコミュニケーション施策が求められているのです。

ITコミュニケーションズは設立以来、「最新のITテクノロジーと伝統的な広告手法やクリエイティブを有機的に組み合わせながら、クライアントニーズに対するソリューションをワンストップで最適な形で提供する」ことを目標にしてきました。

言葉にするのは容易いですが、どんなに素晴らしいアイディアも良質な企画案も、いざ、その施策の実行となると数々の壁が立ちはだかることがしばしばです。

そしてその壁にぶつかる辛さと難しさを私たちは知っています。経験・ノウハウといった、さわりのよい言葉ではなく、現場の苦悩・苦悶という表現が近いかもしれません。しかしながら、障害を一つ一つ取り除きクライアントと共にその壁を乗り越えた時の達成感も知っています。

私たちITコミュニケーションズは、プランニングと広告制作・媒体取扱だけの会社ではありません。

責任と情熱を持って施策の完了までを全力で取り組んで行く会社です。

今後ともクライアントに一番近いパートナー企業でありたいと考えています。

株式会社ITコミュニケーションズ

代表取締役池田 俊幸

CONTACTお問合わせ

お取引全般や、
採用に関するお問合わせは、こちら