BLOG

運用型広告

【初心者必見】Web広告運用の効果を引き出す“最適化”の考え方

MARKETER'S NOTE

Web広告運用の最適化とは、Web広告を出稿・運用する際に重要となる考え方です。

Web広告は現代においては基本的なマーケティング手法の1つですが、実際に期待される効果を引き出すには、運用方法についての知識をつけ、最適化を図る必要があります。

そこでこの記事では、Web広告運用の効果を最大化させるための「最適化」について、知っておくべき内容を解説します。これからWeb広告運用を実施する方や、思った通りの効果が引き出せていない方は、ぜひ参考にしてみてください。

WEB広告ターゲティング早わかりガイドブック

WEB広告ターゲティング早わかりガイドブック

Webサイトを訪れるとその後、様々な広告が表示されていませんか?その裏には、データを活用した仕組みがあり、 ユーザーの行動履歴や性別・年齢など様々な切り口で効果的に広告を配信しています。 本資料では、そんなターゲティング広告についての詳細や種類、メリットなどを紹介しています。

資料ダウンロード

広告は出して終わりではない!効果的な運用が必須

Webマーケティングにおける広告運用は、出稿後にどのような運用方法を実践するかで得られる効果が変わります。
広告を出して終わりではなく、「その後に効果的な運用方法を行うこと」を意識する必要があるのです。また、予算やコンテンツの関連度などを参考に、リアルタイムで掲載場所や内容を変化させていくことが特徴となっています。

中長期的な計画性に基づいて広告の「運用」を行っていくことが前提となるため、広告出稿後のアクションをを工夫して最適化を目指すのが重要となるのです。

Web広告運用の最適化は難しく、面倒なものと捉えられがちです。しかしこの後で説明するようなポイントを押さえて、状況に応じた柔軟な運用を実行できれば、広告効果を最大化していけるようになるでしょう。

是非この機会に、Web広告運用最適化のための基本的な運用方法をチェックしておきましょう。

運用型広告のメリット・デメリットを理解しておく

最適化を目指すには、まず運用型広告のメリット・デメリットを理解することがポイントです。

以下の情報を参考に、事前に運用型広告ならではのメリットとデメリットを把握して理解を深めておきましょう。

運用型広告のメリットとは?

運用型広告は、そのときの自社の状況や世の中のトレンドに柔軟に対応しやすい点がメリットです。

広告の内容、掲載期間、予算、ターゲットなどを細かく調整できるので、効果が高い広告に予算を追加したり、逆に効果が低い広告は出稿を停止したりするなど、広告効果を最大化しやすくなっています。

また、運用型広告は低予算ではじめられることもメリットです。「この広告を出すことで、どの程度の反応を得られるのか」といったテストもしやすく、Webマーケティング初心者でも取り扱いやすくなっています。

そのほか、専門のツールや運用環境が充実している点も、運用型広告ならではのメリットです。

有効なキーワードや広告スタイルを分析する、顧客のセグメントを細かく設定するといった機能が使えるツール・プラットフォームが多く提供されているので、初心者でも広告効果の最適化を進められます。

運用型広告のデメリットとは?

運用型広告は収集して分析すべき情報が多く、手間がかかる点がデメリットです。

自社のリソースをある程度割くことが求められるので、事前に広告運用を任せられる人材やリソースを確保する必要があるでしょう。

基本的には、「さまざまな広告スタイルを併用して使うこと」が重要です。そのため、各広告の責任者や担当チームを設置したり、担当者それぞれが広告運用の専門知識を学んだりといった環境整備を進めておきましょう。

そのほか、運用型広告はその効果を最適化するために、自社の運用状況をデータ化して検証・分析をする必要があります。

広告出稿後に時間をかけてその効果を測定しなければならないため、そのための期間とリソースを考慮しておくことも重要になります。効率良く運用型広告の検証・分析を行うには専用のツールが役立つので、分析をアシストするツール導入なども検討しましょう。

効果的な広告運用方法とは?

効果的な広告運用を行うためには、「ゴールとなる目標や指標を決めること」と「複数の広告スタイルを組み合わせること」がポイントです。

まず初めに、ゴールとなる目標や指標(サイトへの流入数やコンバージョン数)を決定し、測定と改善を繰り返していくことをおすすめします。

そして、ゴールや目標を達成させるための広告プランも重要です。運用型広告の種類は「リスティング広告」「ディスプレイ広告」「SNS広告」の3つがメインとなっていて、それぞれの特徴を活かしてマーケティングを行うことになります。初めからどれか1つにだけ集中して運用するのではなく様々な広告を組み合わせて成果を最大化できるスタイルに調整していくことがポイントになります。

そこで以下では、運用広告のメインとなる3つの広告の種類について解説します。

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索した内容に基づいて検索結果に表示する広告スタイルです。

GoogleやYahoo!の検索結果に応じて自動で設定した広告が表示されるのが特徴で、「検索連動型広告」とも呼ばれます。検索されるキーワード=関心の高いキーワードに対して広告を表示できるので、ユーザーの目を引きやすいのが特徴です。

リスティング広告を出稿する際にはキーワードに対して予算を設定し、オークションで広告枠を勝ち取る必要があります。広告費の計算方法は、クリックごとに課金されるクリック型課金が一般的です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webページやアプリの広告枠を使って表示するスタイルの広告です。バナー形式で表示されることが多いため、「バナー広告」とも呼ばれます。

ディスプレイ広告は直接キーワード検索を行うユーザー以外にも表示できるため、まだ自分のほしいものやニーズに気づいていない潜在的顧客へのアプローチが可能です。自社コンテンツの名称を知らないユーザーも対象にできるため、認知度を上げたい商品・サービスの広告を出稿するときなどに役立つでしょう。

広告の課金システムはクリック型課金のほか、広告表示回数に応じて金額が決定するインプレッション型課金が採用されている場合があります。

SNS広告

SNS広告とは、SNSプラットフォームで広告を表示する広告です。FacebookやInstagram、Twitterなどの画面に広告を表示できるので、数千万人単位のユーザーを対象にターゲットを絞り込めます。

自社が設定したセグメントに対してのみ広告を配信できるので、効率良く広告を展開することができるでしょう。SNS広告はそのほかの運用型広告と違い、ユーザーによる「拡散性」を持つのが特徴です。

特定のユーザーに「面白い」と思ってもらえる広告を出すことができれば、それを発端に、ユーザー間のネットワークを通じてどんどん話題が広められていくでしょう。このように期待していた以上の成果が出せる点は、SNS広告ならではの魅力です。

広告の課金方法は、クリック型課金とインプレッション課金の両方が採用されています。

なお、SNSの利用時間は年々上昇していて、Glossom株式会社の調査によると2020年のSNS利用時間「67.1分」から、2021年には「77.8分」にまで増加しています。今後も多くのユーザーがSNS広告を閲覧することが予想されるので、この機会に広告出稿を計画することがおすすめです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000043425.html

目標を定め、運用のシナリオを考える

繰り返しになりますが、運用型広告を最適化するには、あらかじめ目標定めて、運用のシナリオを考えておくことがポイントです。

例えば広告の目標が「コンバージョン率を〇〇%アップさせる」なら、「広告からユーザーの流入を増やす」→「自社に興味を持ちそうなユーザーのセグメントを決める」→「ユーザーが検索しそうなキーワードをピックアップする」といったように、逆算して広告展開のシナリオを考えていくことができます。

さらにシナリオを考える過程では、自社のマーケティング環境に足りないものや改善すべき部分を洗い出せるため、より広い観点から、今後の広告運用方法を見直すことができるようになっていくでしょう。

広告効果分析に特化したツール・サービスを利用する

広告効果を最適化するには、「何が」「どのような」成果をあげているのかを数値化して確認しなければなりません。広告効果を分析できる形に可視化するには、専用の「広告効果測定ツール」を使うことをおすすめします。

広告効果測定ツールとは、広告の成果やコストを一元管理したり、顧客データの詳細確認や「A/Bテスト」による最適化したりを可能とするシステムです。広告効果測定ツールには、各種分析と広告出稿のサポートまでをまとめて提供しているサービスもあります。こうしたサービスを導入することで、マーケティング業務全体の効率化にもつなげられるでしょう。

ITコミュニケーションズでは、グループ会社である「ADEX Digital」という運用型広告のプロを集めた専門組織と連携し、広告最適化のサポートや、専属アナリストによるデータ解析・活用の支援などのサービスを提供しております。

広告の効果分析や広告出稿などでお困りごとがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

世界一やさしいデジタルマーケティングB2Bマーケティング編

世界一やさしいデジタルマーケティングB2Bマーケティング編

BtoBマーケティングの担当者の方でこれから何から始めるべきか、迷 っている方はいらっしゃいませんか。 本資料では、デジタルマーケティングの概要や顧客データと行動履歴の 管理・活用方法など施策を失敗させないための考え方についてご紹介し ています。

資料ダウンロード

関連記事

CONTACTお問合わせ

お取引全般や、
採用に関するお問合わせは、こちら