2018-01-26 Facebook運用型広告

SNSを活用した認知施策のKPI

配信ベースでリーチ数がわかるのはFBだけ

SNSを活用した認知施策のKPI

寒暖差が激しい昨今みなさま体調など崩されていないでしょうか。
猛威をふるっているインフルエンザにもお気をつけくださいませ。
繰り返しになりますが、無理せず楽しく仕事をしていきたいと思う、、筆者です。

さて今回のテーマは「SNSを活用した認知施策のKPI」という事で最近の傾向などをお話しします。

 

■これまでのKPI
これまで「認知」主旨でのWEBプロモーションでKPIとして設定されるのは
どれだけのユーザーを目的のページの誘導できたか?という
「クリック数」が主たるKPI目標となることが多いと思います。


■問題点
上記KPIの問題点は、目的とややずれた運用指標になってしまうことです。

つまり本来は「認知を増加させる」=「より多くのユーザーへ露出」ということであるはずですが
「クリック数」というKPI目標になると広告運用上「CPCをより安く抑えること」が目標になってしまいます。
より安く多くクリックを取る。この点では相対してユーザー数も増加し
まったくもってズレた結果にはなりませんが、クリック数という指標だけでは
次回の認知プロモーション全体に活かすことが難しくなってしまいます。


■認知施策で本来したいこと
WEB上の認知施策で本来実現するべきことは「どれだけのユーザーにリーチ」したか
そして「リーチした人」がブランド想起したかなど、

「認知の可視化」→「課題・検証項目の抽出」

であるはずです。
リーチしたユーザー数が可視化され、初めて「認知プロモーション」がどうだったかという
一つのデータとして蓄積できます。

例えば下記データのような形で蓄積できれば

○実施期間:  一ヶ月
○エリア:   東京都
○リーチ数:  1000人
○訴求:    A
○リフトアップ 3%

↓以下のような仮説を次回の施策として組むことができます。

○実施期間:    一ヶ月  (固定)
○エリア:     神奈川県 (検証エリア)
○リーチ数:    1000人  (広告目標リーチ)
○訴求:      A    (固定)
○リフトアップ:  3%   (検証数値)

わかりづらい認知を可視化することで
無駄を省きながら、より効率的に検証を進めることができます。


■リーチが可視化できる媒体・施策とは?
代表的なメディアは

Facebook

になります。ログインするソーシャルならではですが
媒体として正確にユーザーを把握できているため、下記のようにリーチ数が可視化されております。

2018-01-17.jpg

さらに「想起リフトアップ」を意図したアンケートの実施も可能です。
※実施には特定の条件を満たすことが必要です。


■まとめ
これからの認知施策ではより「リーチ数」を意図したプロモーションプランが重要になってきます。
上記で挙げたFacebook以外でも様々な手法で可視化する手段も年々増加しておりますが
その手法は複雑化してきております。

弊社では様々な業界の認知施策(ToB,C問わず)の実績もございますので
ぜひともご相談くださいませ。

ご不明な点、さらに詳しく聞きたいなど要望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メディアニュースに関するお問合わせ

入力例:0312345678

入力例:foo@example.com

個人情報保護方針新しいウィンドウが開きます必須