BLOG

シナプス

Web担当者は知っておきたい、シナプスの利用方法から見るシンプルなツール活用術

MARKETER'S NOTE

本日は、当社開発のリードファインディングツール
「シナプス」の活用方法についてお話ししたいと思います。


個人や企業を特定するアクセス解析として、
様々な条件での抽出ができるシナプスは
業種や事業規模を問いません。


どんな企業にも必ず存在している「かゆいところ」。

シナプスは、そんな「かゆいところ」に手が届くツールとして
評価を頂いております。

今回は、シナプスの効果的な利用方法の中で、代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

自社Webサイトを活用した、見込み客の獲得と休眠客を掘り起こす手法とは

自社Webサイトを活用した、見込み客の獲得と休眠客を掘り起こす手法とは

採用力の強化を図るためには、これまでの人間力や組織力で対応してきた営業手法を見直し 、Webサイトの活用が欠かせない時代になってきています。
本資料では、BtoB営業の生産性向上に寄与するデジタルマーケティングやリードファインディング・ツール『シナプス』 についてご紹介します。

資料ダウンロード

休眠顧客の掘り起こし

過去、お見積や資料請求などで接点を持った企業であっても、
成約に至らなかった失注企業は
そのまま放置されてしまうケースは多いものです。

利用方法例 1

失注してしまった企業リストに対して、再度、案内のチャンスを把握するため、
メール配信をし、その後特定のアクセスがあった企業に再度アプローチをするという、フォロー施策を実施する。

ユーザーのモチベーション把握(タイミングキャッチ)

展示会やセミナーなど、大量の名刺やコンタクト情報を入手した場合、
タイミングを逃さないために大量のリソースを使ってフォローを行っているが、
興味度合いが高い企業に限って、フォロータイミングが遅れたり、
すでに他社からの案内を受けていたりもします。

利用方法例 2

展示会やセミナーなどで拡充したハウスリストに対して、フォローメールを配信し、
自社Webサイトのコンテンツに積極的に誘導。
自社コンテンツへのアクセスが頻繁な企業に対しては優先的にフォローを実施する。

自社サイトへの訪問企業への逆アプローチ

名簿や業界リストなどからの営業アプローチ(コールドコール、等)では効率が上がらないが
他に有効な手段が見当たらないため、常に営業リソースがひっ迫してしまう。

利用方法例 3

自社サイトへアクセスのあった企業にのみ営業アプローチをすることで、
興味度が高い担当者への接続率が高まり、アポ/訪問までの獲得の効率化に成功。

上記は、シナプスを有効活用してくださっている利用企業様の一部の活用方法ですが
企業ごとにWebサイトの構造も多様なため、さまざまな可能性を秘めています。

アクセス解析とアクションを紐づけて、売上向上につなげるシナプスの機能詳細は
こちらより、ご確認ください。

自社Webサイトを活用した、見込み客の獲得と休眠客を掘り起こす手法とは

自社Webサイトを活用した、見込み客の獲得と休眠客を掘り起こす手法とは

採用力の強化を図るためには、これまでの人間力や組織力で対応してきた営業手法を見直し 、Webサイトの活用が欠かせない時代になってきています。
本資料では、BtoB営業の生産性向上に寄与するデジタルマーケティングやリードファインディング・ツール『シナプス』 についてご紹介します。

資料ダウンロード

関連記事

CONTACTお問合わせ

お取引全般や、
採用に関するお問合わせは、こちら