BLOG

データ分析

【事例あり】データ分析とは?その必要性とメリット、改善事例を解説

MARKETER'S NOTE

「データ分析を導入しようと考えているものの、必要性がよくわからない」といった企業経営者や担当者の方は少なくありません。データ分析にはさまざまなメリットがあり、うまく活用できれば収益の拡大を図れます。本記事では、企業におけるデータ分析の必要性やメリット、実際の改善事例について解説します。

データ分析とは

「データ分析」とは、ビジネスで取得したさまざまなデータを分析することを指します。ビジネスにおいては、顧客や従業員情報、売上データ、検索履歴、購入履歴など多様なデータを扱います。これらのデータを分析しやすいように加工・処理し、結果を出すのがデータ分析です。

前述の通り、データ分析で扱うデータの種類は多岐に渡ります。お客様が購入した商品名や個数、値段などをはじめ、コンバージョンにつながった顧客の性別や年齢、居住地域などもデータ分析の対象です。

データ分析の主な手法としては、「アソシエーション分析」が挙げられます。データの関係性を分析し、マーケティングに活かす分析手法です。ほかにも、セグメント分けしたデータから特徴を分析する「クロス集計分析」や、仮設から結果を導き出す「決定木分析」、購買予測に活用できる「ロジスティック回帰分析」なども代表的です。

データ分析はなぜ必要?

データ分析の導入にあたっては、まずその必要性を理解しておくこと大切です。必要性を理解せずに導入したところで、適切な運用ができず望む成果を得られないでしょう。

データ分析の主たる目的は、ビジネスにおけるスムーズな意思決定を実現することです。ビジネスにおいては、あらゆるシーンで意思決定をしなくてはなりません。例えば「A商品の売れ行きがよくないから広告を打とう」「AとBがよく一緒に売れるから抱き合わせで販売しよう」など、さまざまな意思決定の連続です。
こうした一つひとつの意思決定をできるだけスムーズに下せれば、時間を有効に使ったビジネスの展開が可能でしょう。ビジネス自体の高スピード化や、望む成果を得るまでの期間の短縮化を実現できます。

データ分析のメリットとは

データ分析の導入により、企業はどんなメリットを得られるのでしょうか。企業経営者や担当者の方としては、この点がもっとも気になるところでしょう。以下、データ分析のメリットをピックアップして紹介します。

精度の高い現状分析・将来予測ができるようになる

まず、精度の高い現状分析を実現できることがメリットとして挙げられます。

集客や売上の増加、利益の拡大を目指すうえで、正確な現状把握は欠かせません。現状を把握できていないと、「どこに問題があるのか・どのような課題が発生している」のかがわからず、具体的な改善案も打ち出せないのです。データ分析を行えば、データ同士の関連性や因果関係が明らかになり、不確実性を減らせます。その結果、正確な分析や予測ができるようになるのです。

現状分析だけでなく、将来予測にも役立ちます。精度の高い将来予測ができれば、「A商品が〇個売れる見込みだから在庫を増やそう」といった意思決定も下せます。結果的に在庫切れを防ぎ、機会損失の回避にもつながるでしょう。これはあくまで一例ですが、精度の高い将来予測により、このように先回りした行動が可能になるのです。

これまで見落としていた問題点や可能性を発見できる

経験や勘に基づく経営判断は効果的な判断の源にもなる一方で、依存し過ぎると組織内に存在する見えない課題を見過ごしてしまうリスクもあります。事業活動において企業が保有するさまざまな客観的な情報や事実をもとにデータ分析を行うことで、現状で抱えている問題点や可能性を発見できます。

問題点を見落としたままでは、いつまで経っても思い描いた成果を得られない可能性があります。ビジネスをより良い環境に導き、収益の拡大を狙うには、迅速な問題点の抽出と改善策の実施が必要であり、そのためにデータ分析の実践が有効な手段の一つです。

また、分析で導き出した結果から得た気づきや発想から、新たなビジネスのチャンスを発見することができれば、今後のビジネスを広げる可能性が得られるのもメリットと言えるでしょう。今まで手を出してこなかった、新たな分野へのチャレンジもできるかもしれません。

素早い意思決定ができる

データ分析を実務に取り入れるためには、企業はさまざまなデータへスピーディーにアクセス可能な状態を構築することが必要です。その結果、素早い意思決定が実現でき、ビジネスのスピード化につながります。

ビジネスにおいて、意思決定の遅れが命取りになるケースは少なくありません。「判断が遅れたばかりに大きな損失を出した」「大口の顧客を逃した」「高額商品を売り損じた」など、一時の判断の遅れが企業におよぼす影響は決して小さくないのです。

データ分析の導入により、あらゆるデータへ迅速にアクセス可能になれば、このような事態も避けられるでしょう。各状況に応じたスピーディーな意思決定を行えるため、機会損失も防止できます。

データ分析に用いられるBIツールとは

データ分析では、さまざまなツールが用いられます。目的に応じてツールの使い分けが必要ですが、意思決定を支援する可視化・分析ツールとして多く利用されてるツールとして「BIツール」が挙げられます。データ分析の導入を検討しているのなら、併せてBIツールに関する知識も身につけておきましょう。

BIツールとは、データの分析や可視化を実現するツールです。事業で取得したデータの分析と可視化により、経営戦略の立案やマーケティング戦略に役立てられます。また、経営や売上分析、人事分析などにも用いられています。

BIツールに実装されている機能の1つが、データ分析です。効率的な課題抽出や改善策の立案ができ、マーケティングにも活かせます。業務データのレポート出力や帳票のカスタマイズ機能、分析結果をわかりやすく可視化する機能なども備わっています。
つまりBIツールを導入すれば、専門家に頼らずデータ分析を実行可能なうえ、コストも抑えられるのです。加えてリアルタイム分析や短時間でのレポート作成ができるのも、BIツールのメリットと言えるでしょう。

データ分析活用事例

ここからは、BIツールなどを用いて効果的なデータ分析を実践することで、業績改善に成功した企業の事例を紹介します。具体的な活用事例を知ることで、データ分析の進め方・活かし方を、よりイメージしやすくなるでしょう。

スシロー

回転寿司チェーンとして人気のスシローは、Dr.SumやQlikViewなどのBIツールを導入しています。これにより日常的なデータ分析を実行し、寿司の鮮度や売上状況の正確な管理を実現しています。
スシローの寿司皿にはICタグが取りつけられており、「どのタイミングでどの寿司が流れたか・何をお客様が手にとったか・どのテーブルでどのような寿司がオーダーされたか」といった情報をリアルタイムで蓄積しています。そして、これらの情報に基づく高精度な需要予測を行っているのです。
結果、「どの寿司ネタが人気か・需要があるのか」を把握し、レーンに流す寿司や量をコントロール可能となりました。これにより顧客満足度の向上を図れるだけでなく、食品ロスの削減にも効果が期待できます。

城崎温泉

城崎温泉は、兵庫県の人気の観光地として知られています。従来は、一般的な温泉地だったのですが、近年ではさまざまなイベントが開催されており、多くの観光客を誘致することに成功しました。
この城崎温泉では、温泉地全体での宿泊予約状況などをリアルタイムに収集しています。その情報を基にして、それぞれの旅館が経営を行っているのです。また各旅館にスマートフォンで手軽に支払いができるシステムを導入し、利用履歴データを効率的に収集しています。
これにより、多くの人が足を運ぶ時間帯や家族構成などの情報を温泉街全体で把握し、顧客層に沿ったベストなサービスを提供しているのです。
さらに上記のように収集したビッグデータの分析により、城崎温泉は「街歩きのようなイベントが、各お店の売上につながりやすい」という事実を発見しました。こうしたデータ活用を適切に行えば、イベントが支持されるのか・売上増につながりやすいのかといたポイントを、具体的に把握できるのです。

DECENCIA(ディセンシア)

DECENCIAは、2007年に誕生したスキンケアブランドです。同社は主にECサイトで商品を販売しており、マーケティングにおいては顧客の行動分析に重点を置いています。
CSアナリティクスというデータ統合基盤を用いることで、BIとMA(マーケティングオートメーション)環境を徹底整備しています。これにより、「顧客が商品を知ったタイミング・方法」そして「どのように商品を利用しているのか」といったデータを絶えず可視化し、マーケティングに役立てています。従来はExcelを用いて集計・可視化していましたが、作業に膨大な時間が発生していたため、データ収集や加工の自動化に踏み切り、より高度な分析を実現したのです。

日本たばこ産業(JT)

JTでは、個々のユーザーに着目したパーソナライゼーション実現のために、データ分析が行われています。従来は手作業でデータを収集し、Excelで分析していたため、多大な時間を要していました。そこで同社はTableauとCSアナリティクスとを組み合わせ、BIを含めたシステム全体を再構築し、より高度な分析環境を実現したのです。
これにより、従来は画面にデータを表示するだけで10秒程度かかっていたものが、1秒まで短縮できたとのことです。ストレスなく分析を行える環境を手に入れ、さらに他部門への展開も成功しています。

まとめ

企業にデータ分析が必要とされる主な理由は、事実や客観的な状況を基にスピーディーな意思決定が実現できる点です。スムーズな意思決定の実現により、時間を有効活用したビジネスが展開可能です。精度の高い分析や将来予測が可能となり、問題点の抽出や新しく有用な道筋の発見へつながるメリットもあります。

データ分析の導入を検討している場合、併せてBIツールなど意思決定のサポートができるツールやサービスの導入も検討事項の一つとして挙げられます。BIツールならデータの分析や可視化ができ、効率的にビジネスに活かせます。本記事で紹介した事例も参考にしつつ、自社への導入を進めてみましょう。

データ活用を阻む要因から理解するデータ活用に失敗しないためのポイント

関連記事

CONTACTお問合わせ

お取引全般や、
採用に関するお問合わせは、こちら